激安車検ランキング2017年最新版≪全国対応≫

top > 激安車検を探すコツ > 車検費用が安く済む秘密とは?

車検費用が安く済む秘密とは?

車検の費用が安い秘密があります。車の販売店であるディーラーが最も高いといわれています。その一方でフランチャイズやスタンド、カー用品店などはディーラーがよりも安いことを売りに急速にシェアを伸ばしてきています。
ドライバーからすれば安い事がとてもうれしい事です。それではなぜ整備工場とフランチャイズは安いのか知っておくべきです。フランチャイズももともと整備工場で合ったものが加盟していて整備能力には定評があります。
費用的にはディーラーと比較すれば半額とはいえないものの、何割か安くなっていくることが多いです。もしもディーラーが15万円というケースでは、フランチャイズだと9万円程度などになってきます。
2つの車検業者の安さの理由は、まずは交換ずる部品がリビルトであることです。次に部品の仕入れがスケールメリットで安くすることができます。また余計な部品交換をしません。車の持ち込みと納車などもすべてドライバーが行います。
完全予約制になっていて整備士の配置に無駄がありません。

フランチャイズでの車検のメリットは明瞭料金と整備能力の高さになっています。整備工場やフランチャイズもかなり安いといえます。スタンドやカー用品店系はさらに1万円から2万円程度安くなってくることが多いです。
フランチャイズでも安さの理由があって、初めてのディーラーよりも安い価格を達成できていますが、スタンドやカー用品店では、点検や整備をよりスピーディーに行っているから低価格を達成することができています。国へ支払う保険や税金の法定費用があります。これはどこも変わりませんが、違ってくるのが業者に支払う部分です。
1万円も違うだけでも業者からすれば取り分がかなり違ってきます。高い業者が丁寧という事は言えませんがある程度は価格と整備とは比例してきます。

民間の修理工場には指定工場と認証工場の2種類があって行える作業の範囲が異なっています。車両の分解整備を行ったり、修理を行ったりすることはできますが、工場内で車検が行えるのは指定工場だけです。
認証工場が車検を行うためには陸運局へ車を運んで検査を受けなければいけません。価格はディーラーよりも安く仕上げられる傾向があります。同じ種類を行う場合でも中古パーツを使ったり、社外品のアイテムを使用したりして部品代を安く抑えることができます。
作業にかかる工賃も安めの傾向になっています。見積もりを出してもらって安いところを見つけることができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP