激安車検ランキング2017年最新版≪全国対応≫

top > 激安車検を探すコツ > 車検が安い費用で行えることには理由があった

車検が安い費用で行えることには理由があった

ディーラーと民間の自動車整備工場では、どちらも車検を取り扱っていますが、多くの場合、民間の自動車整備工場の方が安い料金となっています。
そのうえ、認証工場や指定工場といった資格を運輸局長から与えられた民間の自動車整備工場なら、ディーラーと遜色のない設備や整備技術がありますから、安くても品質が高い車検を受けられます。
安さの秘訣は民間の自動車整備工場の企業努力にも大きなウエイトはありますが、ディーラーのように販売系の営業人員を置く必要がないことも理由の1つです。
さらに新車販売の広告なども大々的に打って出る必要は基本的にありませんから、その点でも安い車検ができるようになっているなど、数々の理由が備わっています。
ですから出費を抑えても安心できる申し込み先を探すなら、それらの資格を持つ民間の自動車整備工場が最適です。



車検を少しでも安いところで受ける際の注意

自家用車ならば二年に一回、商用車の場合は毎年受けなければならないのが車検です。
自分の車のフロントガラスに満了日が、記載されているのでうっかり忘れそうになっても確認することができます。
もし、期間を忘れて、切れた状態の車を運転していたとすると勿論違反になります。
違反点数は6点です。
車に乗る限りはきちんと期限を守って、自分の身を守るためにも受けなければなりません。
一番、安心なのは購入したディーラーで受ける事でしょうが、その場合はお値段も高くなりがちです。
少しでも安い値段で受けたいという場合であれば、最近では、地域のカーショップやガソリンスタンドなどでも代行をしてもらえるところも増えています。
また、その場合にはオイル交換が無料で受けられたリ、ガソリンが安くなるなど特典もあるので、調べてみると良いでしょう。
しかし、中にはまだ使える部品を変えるように勧めたり、安いと感じたのは、基本料金だけで、その他の申請代行料や、検査料が別途請求されるという場合もあるようです。
しっかりと自分の目でサービスを確かめて納得したうえで車検を受けるようにすればトラブルも回避できるでしょう。



安い車検と高い車検の違いを考察しよう

車検とは、乗用車で初度登録から最初は3年、以後2年おきに受けなければならない定期検査です。
この時には、重量税と自賠責保険、そして継続印紙代が必要で、これらをまとめて俗に諸費用と呼ばれます。
この諸費用は、ユーザー車検を行おうが、ディーラー車検を受けようが、金額に変わりは全くありません。
では、料金の高い安いは、どこで差がつくのでしょうか。
まず、一番安く通す方法は、自分で陸運局に車を持ち込み、自分で通すといういわゆるユーザー受けです。
この場合、基本諸費用だけで完了です。
その他のディーラーやガソリンスタンドなどの業者では、整備費用を別途請求されるのが一般です。
また、ディーラーでは、代行費と称される手数料を請求されるのが一般です。
この代行費というものが高く、費用の差が大きくなるようです。
安心と手間をディーラーや業者で買うというのも一つの方法です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP